ボイトレに通うのはプロの歌手志望じゃないとダメ??

いえいえ、その常識覆りつつあります!

 

今やヒトカラ(一人でカラオケに行くこと)は何も珍しくない当たり前の事。テレビ番組ではカラオケの点数を競い合う番組がたくさんありカラオケ人気がまた高まって来ています。

 

ボーカル教室やカラオケ教室など、歌に関する習い事は年齢を選ばすチャレンジすることができます。

【ボイトレの習い事メリット】

 

・準備不要!思い立ったらすぐに始められる!

例えば楽器の習い事だと、その楽器を購入するところから始まります。 

どういったものを選んでいいのか素人には判断しづらく、準備にある程度の時間がかかりますよね。その都度それを教室まで運ぶのも億劫に思う方もいるかもしれません。

 

 

それに対してボーカルレッスンは手ぶらでOK特別何かを用意する必要はないので、気軽に始めることができます。さらに、レッスン時間もスケジュールに合わせて選ぶことができますから、気軽に始められるのも大きな魅力です。

ストレスを発散できる

歌を歌うことでストレス発散ができます。ストレスが発散されることで、自律神経や血圧が安定し、睡眠障害や高血圧が原因で起こる脳血管性認知症のリスクを軽減することができます。


美容・誤嚥防止 効果が期待できる

歌を歌うとき、人は自然と口を大きく動かします。唇や舌など、口周りの筋肉を鍛えることでお顔のリフトアップ、ほうれい線を軽減させます。また食べ物を喉に送り込む力が強化され、誤嚥防止につながるのです。

 

 

音程やリズム、歌詞を読むことなどで脳が活性化する
歌を歌うときには音程やリズムを正しくとろうとします。また、歌詞を読んだり、歌詞を思い出したりもするでしょう。音程やリズムをとったり、歌詞を読んだり思い出したりすることで脳が活性化し、認知症予防や記憶力の向上につながります。

  • ・口腔環境が整う
    口をたくさん動かすことで、唾液の分泌が促されます。唾液には口腔内の洗浄、抗菌、保護などする役割があり、分泌量が多ければ多いほど口腔内の環境が整うのです。

年齢問わず自分に自信がついてさらに輝ける!

 

声を出すと、「脳」に響く

 

特に歳を重ねると、色々な動作に「声」をついつい出してしまうことがありますよね。これは単なる気合ではなく、脳に直接働きかける効果がある事が最近の研究でわかってきました。

 

声を出すことで本当にパワーアップ出来ることが分かったのです。
NHKの人気番組『ためしてガッテン』では以前、ゴルフを趣味とする人と、とび箱がとべない子供たちを対象に試し、見事に効果をあげました。ゴルフは20ヤードも飛距離がアップし、とび箱は、4段がとべなかった子供たちが6段をとべるまでになったのです
さらに、プロゴルファーの方3人も大きく飛距離を伸ばしました。

驚くべきことに「練習をしてやっと」ではなく、声を出したら「突然」出来るようになってしまったという点にあります。まるで魔法のような出来事ですね。

 

 

 

声は脳のブレーキをはずす

 

人は常に色々なことを考えながら生きています。特に何かにチャレンジする時は、「いつも通り」が難しいとよく言いますね。これはいろんな雑念が邪魔をして、脳が変なブレーキを踏んでいるからでしょう。

「上手くやりたい」「失敗したらどうしよう」「成果を上げたい」「あぁ、平常心平常心」「いつも通りやろう」

こんな、いつもはここまで考えないことまで脳に浮かんできます。これらの雑念は、実際に脳にブレーキを踏ませてしまうことが分かったのです。このブレーキを解き放つのが「声」です。
この「声」が、大脳の前頭前野という主に考え事をする部分の邪魔をし、余計な雑念が吹きとぶのです。つまり、大声の気合の掛け声は大脳の雑念を吹き飛ばしてパワーアップさせてくれ、リズムを刻む掛け声は、小脳に直接働きかけ、動作を上手く出来るようにしてくれる、ということですね。

 

自分自身が楽器のボーカル。普段の生活ではなかなか出すことのない大きなこと出し、ボイトレで声を磨くことで

必然的に自分自身のエネルギーが増えて自信が湧いて来ます!

 

 

歌を歌うことで筋力や脳の訓練になり、心も体も生き生きさせてくれます。

さらに歌を教えるプロが的確にあなたにアドバイスいたします。

ご興味ある方は安心してぜひ一度体験レッスンにお越しください。

お電話でのお問い合わせ

06-6585-9493

お名前とご希望日時をお書きください。